もしも、C型肝炎にかかってもインターフェロンで治らない人がいる

もしも、C型肝炎にかかってもインターフェロンで治らない人がいる

遺伝子からインターフェロンの効果を予測評価する(先進医療)

国内では、C型肝炎の患者さんは約200万人といわれ、いったん感染すると60~80パーセントが慢性肝炎に移行し、治療せずにそのまま放置すれば、多くは肝硬変・肝臓がんに進展します。
C型肝炎に対する完全治療として、1992年に日本で初めてインターフェロンが導入されました。現在ではペグインターフェロン+リバビリン併用療法によって、当初より大きく治療効果が改善しましたが、それでも日本人に最も多い遺伝子 1型・高ウイルス量の症例では50パーセント程度しか完治せず、約20パーセントは全く効かないのが現状です。この違いが明確に判れば治療の対策が打てる訳です。
最近、この違いを簡単な血液検査で判るようになりました。IL28B遺伝子という遺伝子をを測定することで、インターフェロン治療によって完治が見込める患者さんを高い確率 (80-90パーセント) で選別することができるようになりました 。インターフェロン治療が効きにくいと判断されれば、同治療の副作用である肉体的な苦痛や経済的な問題を回避することができます。

by