小沢征爾の世界と音楽療法

小沢征爾の世界と音楽療法

音楽療法という言葉をご存知でしょうか。
音楽療法、それは書いた字の通り、音楽で心身を健康にさせる治療法のことです。治療とは言っても、実際に傷が治っていくわけではありません。音楽を聴いたりする受動的音楽療法と、歌ったり演奏したりする能動的音楽療法の2つに分かれます。リラックス状態になることで心を落ち着かせ、生活の質を向上させたり、幸福感を得たり、怪我や病気の症状を軽減することができます。もちろん、うつ病の症状にも効果は抜群です。「音楽に触れる生活を送っているとうつ病にならない。」と専門家が口をそろえるほど音楽が心に与える良い影響は大きいのです。第二次世界大戦で多くの傷病兵を出したアメリカでは、野戦病院で音楽を流し、演奏してみたところ、兵士の記事が早まった、という記録が残っています。
音楽療法士を受ける対象は主に高齢者、発達障害者、身体障害者、不登校児、幼児、薬物乱用者、高次脳機能障害者などです。しかし、たとえ健康な人でも、音楽療法の恩恵は受けることができます。
古くから、「病は気から」ということわざがあります。
これは病は気の持ちようによって良くも悪くもなるという意味です。言い換えると心の状態が体に影響を与えるということなのです。心の状態を安定させ、リラックスさせることにできる音楽が、様々な症状の治療に行われている理由が分かる気がしますね。

小澤征爾のチケット売買/購入

さて、この世には音楽療法士という職業が存在します。実は音楽療法は確立された専門職であり、トレーニングを積み、資格をもった音楽療法士によって行われます。そうなってくると音楽療法士になる方法が気になりますよね。音楽療法の資格は、国によって異なります。米国認定音楽療法士(MT- BC)になるには、承認された大学の音楽療法のカリキュラムを終了し、6ヶ月のインターンシップを実行する必要があります。その後、試験を受験する資格が与えられます。日本ですと学会が認定する認定校が全国各地にございます。高校卒業後(短大・大学・専門学校卒業後)にこれらの教育機関において必要なカリキュラムを終了すると、音楽療法士試験の受験資格を得ることが出来ます。厳しい試験を受けてみなさん立派な音楽療法士になるんですね。また明日の音楽療法士になるためには、ピアノとギターを引く技術は必須です。歌を歌えることも条件の1つとなっています。また、依頼者の希望に応じて、ピアノやギター以外の楽器を使わなくてはならない場合もあります。厳しい試験を乗り越えてきた音楽療法士たちは様々な施設で活躍しています。精神病院、リハビリ施設、医療病院、外来診療、デイケア治療センター、発達障害者にサービスを提供する機関、薬物やアルコール依存症治療のプログラム、刑務所、高齢者センター、老人ホーム、ホスピス、学校など、挙げてみるとキリがありません。
以上で音楽療法のことを知っていただけたでしょうか。

さて、人々が音楽から受ける恩恵はとても大きいのですが、その背景には音楽家の素質が影響します。
心身ともにリラックスし健康にしてくれるのが音楽ですから、作曲家の音作りは重要と思われがちですが、大きく影響するのは指揮者だと言われます。日本人の指揮者で海外で有名な小澤征爾さん指揮のオーケストラも音楽療法として採用されます。楽譜に忠実だと評される小沢征爾さんですが、小澤さんのコンサートはCDの音とは格段に違うと言われます。今年もお元気で活躍されていますね 2016 セイジ・オザワ 松本フェスティバル 指揮:小沢征爾

by