急増する親族だけの火葬式

急増する親族だけの火葬式

火葬式とは、家族や身内など、故人が親しくしていた人だけで見送る式で、お通夜、告別式などは行ないません。火葬をもっての見送りなので、火葬式と呼ばれます。

家族葬 : 葬儀場などで葬儀→火葬
密葬 : 葬儀場などで葬儀→火葬→後日、ホールなどで本葬
直葬 : 火葬のみ

高齢化と核家族化で、葬儀の参列者が減る傾向にあり、お通夜、告別式を設けても、故人を知る人が少なくなっていたり、遠方や高齢化で式に参列出来ないなど、かえって寂しい見送りになるようなら、家族や親しい身内だけで見送りされた方が、残された家族にも、経済的負担が少なく、葬儀の段取りから、香典返しなどの面倒は掛けたくないという気持ちがあるようです。
火葬式は、祭壇や葬儀式がありませんので、火葬場に併設された式場や、ホテルで、食事会やお別れ会などの故人を偲ぶ会を行うケースが多いようです。

【知っておきたい】
by