葬儀業者への心付けHOWマッチ!!

葬儀業者への心付けHOWマッチ!!

約2,000円〜3,000円

葬儀業者へのチップは「心付け」とは違い、「お清め代」として考えた方がよいでしょう。葬儀業者の場合は、どうしても遺体に触れたり、遺族の悲しみに直面し、死ということに直接手を染めることになります。それに対して「ご苦労様です。これをお清めの足しにしてください」と、遺族から労いの気持ちとなります。
葬儀業者への心付けは、最初の見積もりのときに、さりげなく「スタッフさんへの心付けは、どうしたらよろしいですか?」と質問するのが、タイミングとしてはベストです。「お気持ちで結構です」とか「お任せしております」あるいは、「会社の決まりで一切頂けません」などあるようです。

いつ渡したらよいか?
チップですから、最初に渡した方が、業者も快く動いてくれます。
相場としては、担当スタッフにひとり2,000円〜3,000円。営業担当か、葬儀担当に渡せば配分してくれます。例えば、スタッフが5名×2,000円+葬儀担当10,000円で30,000円ぐらいになります。考えすぎて、千円札で端数にならぬよう何万単位がよろしいのではないでしようか。

遺族が知らない、葬儀業者から「心付け」というチップ
実は、遺族が知らないうちに、葬儀業者から、霊柩車の運転手(5,000円〜10,000円)、マイクロバスの運転手(5,000円)、火葬場の火夫(5,000円〜10,000円)、火葬場の休憩所を世話する人(3,000円〜5,000円)へ心付けというチップが渡されています。もし、葬儀の見積もりの際、「心付け」の話があれば、このような、見えないところで動くお金のことで、葬儀業者からは現金で先渡しか、後日清算かのどちらかの説明があるはずです。一般の葬儀で3万円ほど、また「心付け」には領収書がありません。

by