もしも、白内障になったら、どこまで治る?

もしも、白内障になったら、どこまで治る?

白内障と老眼も治療する先進医療

白内障の交換レンズ(水晶体)には、単焦点レンズと多焦点レンズがあるのをご存知でしょうか?カメラの話しではありません。白内障治療で交換する水晶体、眼内レンズの話です。白内障の場合、一般に保険適用の単焦点レンズに交換することが多いのですが、このレンズは単焦点なので、ピントが一箇所しか合いません。従って、治療前は、不自由なく近くも見えていたのに、治療後は、近くが見えにくくなり老眼鏡が必要となります。一方、多焦点レンズでは、遠近に対応した多焦点レンズなので、手元の新聞も老眼鏡が無くても見えるようになり、白内障と老眼が治療できます。

知っておきたい、眼内レンズの種類

白内障治療では、眼内レンズの種類によって、保険適応扱いのレンズと、自由診療扱いのレンズがあります。

1.単焦点眼内レンズ
レンズ代、手術費用に健康保険が適応されるレンズです。ただし、単焦点レンズは、遠方に合わせた焦点がひとつしかないため、手術後は手元の近い部分が見えにくくなり、ほとんどの方は老眼鏡が必要となります。

2.多焦点眼内レンズ
単焦点眼内レンズの欠点を克服したレンズが、多焦点レンズで、多焦点は遠近両方の焦点を備えたレンズです。このため、単焦点レンズと違い、手元でも見えるレンズです。
このレンズは、先進医療として厚労省に認められたため、レンズ+手術代は自由診療扱いですが、検査や術後の診療には保険が適応されます。

3.プレミアム多焦点眼内レンズ
今までの多焦点レンズでは、やや暗く、まぶしさを感じたり、夜間の光がにじむ等の弱点がありましたが、これを克服した高性能レンズで、白内障はもちろんのこと、近視、遠視、老眼、乱視といった点も補う完全オーダーメイドレンズです。レンズの度数精度が高く、通常の眼内レンズが0.5D刻みのレンズ度数設定なのに対し、プレミアム多焦点眼内レンズは0.01D刻みでレンズ度数が設定できるため、より自分の度数にあったレンズが作れます。
しかし、このレンズは先進医療の適応外なので保険が適応されません。このレンズを使うときは全て自由診療となります。

by