なぜ、妊娠したらネコに近づいてはいけないの?

なぜ、妊娠したらネコに近づいてはいけないの?

ネコの糞に寄生するトキソプラズマ

妊娠したらネコはよくない 。まるで都市伝説のように言われますが、これは、都市伝説ではありません。 トキソプラズマという寄生虫が、赤ちゃんに悪影響を及ぼすからです。母体はトキソプラズマの影響は受けませんが、赤ちゃんに感染すると流産、死産、脳や眼障害にかかってしまいます。(トキソプラズマ性網脈絡膜炎)

トキソプラズマに感染している動物はネコだけではない

生肉に危険が多いのは、トキソプラズマが体内に入ってくるからです。 ただ、健康な状態であれば寄生虫の悪影響は受けにくいのですが、妊娠や病気や免疫力が低下しているときは、寄生虫の影響を受けます。高齢者や赤ちゃん、子供たちは免疫力が弱いため注意が必要です。 ネコ科の動物だけが、糞にトキソプラズマ を排出することが分かっています。他の動物は、生肉を食べない限りトキソプラズマの感染はありません。

妊娠したら気を付けたいネコの糞処理

もし、妊娠がネコを飼っていたら 、糞処理に気を付けてください。猫 の糞に潜んでいるトキソプラズマは、寄生先を探しており、なかなか死滅しません。
猫 の糞を触るときは、使い捨ての手袋とマスクをし、できれば、妊婦さんはネコの糞処理は行わないようにしましょう。
よくネコを見かける公園の砂場や、ガーデニング など、土に潜んでいることがあるため気を付けてください。野良猫は、公園の砂場で糞をすることが多く、トキソプラズマが宿主先を探して構えています 。もし、子供と砂場で遊ぶときは、妊婦さんは素手で砂を触らないようにしましょう。

トキソプラズマの予防対策

トキソプラズマは人獣共通の感染症です。又、診断が難しくワクチンもありませんので、予防するのが一番です。
・ネコがトキソプラズマに接触する機会をなくすために、屋内飼育をすることが理想です。
・生肉などをネコに与えないようにして、肉の中に潜んでいるトキソプラズマを摂取させないようにしましょう。
・人が豚肉を食べる時には、61度以上、4分以上加熱調理し、生肉に接触したまな板などの調理器具や手はお湯や洗剤でしっかり洗いましょう。
・ネコの糞便は排泄後24時間以内に必ず捨てるようにしましょう。
・妊娠前にトキソプラズマの抗体価をはかりましょう。陽性の場合は母体がトキソプラズマに対する抗体を持っているので胎児への感染は成立しません。陰性の場合は妊娠中にトキソプラズマに感染する可能性があります。この場合約60%の確率で胎児に感染が移行し、妊娠10~24週で感染した場合重度感染の新生児を分娩する危険性が高くなるようです。

監修:山口県在住 獣医
【知っておきたい】
by